共感マップ ~顧客やユーザの意図を探る、プロファイル
https://matome.naver.jp/odai/2148695727378735801
共感マップ・エンパシーマップ(Empathy Map)・共感図法などとも呼ばれている。顧客は、何を言い、何を感じ、何を考え、何をするか。


カラーバス効果 ~意識している情報が目に付く
https://matome.naver.jp/odai/2148677688567987501
色に関する心理的な効果として広まったのですが、応用できる範囲は、ビジネス他いろいろあります。



レヴィンの変革モデル ~変革の3プロセス
https://matome.naver.jp/odai/2148497264341968901
組織の変革には「解凍」「変革(移動)」「再凍結」という3つのプロセスが必要



フォースフィールド分析 ~組織の見えない力を浮き彫りにする。
https://matome.naver.jp/odai/2148471959001782701
力の強さを「推進力」「抵抗力」で分析フォースフィールド分析(フォースフィールドアナリシス)



タックマンモデル ~チーム力向上
https://matome.naver.jp/odai/2148463293453550701
チームが形成されていく過程を4段階で表し、最後に解散する時期のチーム状態を加えた5段階として論理を展開



PM理論 ~リーダーシップ理論
https://matome.naver.jp/odai/2148421422632544401
組織を動かすには目標達成力と集団維持力が大切



ABC理論 ~出来事に対しての受け取り方で結果が変わる
https://matome.naver.jp/odai/2148379149921590901
思考が良いものであれば感情も良いものになり、悪い思考であれば、感情も悪いものとなります。



キャリア・アンカー ~キャリアを選択する上での価値観・欲求・動機・能力
https://matome.naver.jp/odai/2148241026718747001
自分のキャリア・アンカーを知っていないと、外部から与えられる外部誘因(報酬や肩書など)の誘惑に負けて、後になって不満を感じる



経験学習モデル ~組織行動学者のコルブが経験からの学びを体系化
https://matome.naver.jp/odai/2148231996768070901
「経験→省察→概念化→実践」という4 つのプロセスを踏み、このサイクルを回すことによって、人は学習



GROWモデル ~目標を達成するために何を考えるか
https://matome.naver.jp/odai/2148230155053873101
ビジネスコーチングやライフコーチング、他分野に採用。



ハーマンモデル ~脳の機能を4象限で捉えて適性を考える
https://matome.naver.jp/odai/2148228776642302701
IBM、インテル、P&G、コカコーラ、キャンノン、マイクロソフトなどの有名企業でも導入



ジョハリの窓 ~対人関係における気づきのグラフモデル
https://matome.naver.jp/odai/2148223196114786401
自分の知らない自分がある。自分を知ること以外にも、チームで仕事をするときの共有認識に活用できる。



Will/Skillマトリックス ~やる気とスキルで分類
https://matome.naver.jp/odai/2148221520301988901
人事や部下の指導などで使えるが、自分の分析にも使えそうです



MVV(ミッション/ビジョン/バリュー) ~会社理念を考える。チームビルディングにも。
https://matome.naver.jp/odai/2148221038598450601
「MVV」とは、「ミッション」、「ビジョン」、「バリュー」の頭文字



PRAM(ピーラム) ~交渉・合意形成に!!
https://matome.naver.jp/odai/2148219935490033401
PRAMは、「交渉計画」「関係形成」「合意の形成」「関係維持」から成る。



OARR(オール) ~だらだら会議を解消
https://matome.naver.jp/odai/2148160849141795701
ゴール、時間進行、ファシリテータの役割、参加者の役割、場への参加ルールを考える



FABE ~顧客向けプレゼンやセールストークを考えるフレームワーク
https://matome.naver.jp/odai/2148206645219368401
顧客へのプレゼンやセールストークに使えるフレームワークで、「特徴->利点->利益->証拠」から成る。



PREP法 ~ビジネスシーンで役立つ説明方法
https://matome.naver.jp/odai/2148177452746791301
PREP法は主にビジネスシーンで用いられる文章構成方法



KPT ~「ふりかえり」で次の行動を決める
https://matome.naver.jp/odai/2148170137604860301
Keep・Problem・Tryの頭文字からKPT法と呼ばれています。



重要度/緊急度マトリックス ~何を優先すべきか、時間管理マトリクス。ToDoリストでは分らない
https://matome.naver.jp/odai/2148169007593598001
時間管理に必要な考え方、重要度/緊急度マトリックス。「7つの習慣」から