カテゴリ: 経営戦略・発想法

MPDP ~この4つのどれが欠けても、ヒット商品は生まれない
https://matome.naver.jp/odai/2148947512149622801
MPDP(理論)。マーケティング(M)、パテント(P)、デザイン(D)、プロモーション(P)



属性列挙法 ~3つの属性から発想す
https://matome.naver.jp/odai/2148945199828439801
属性(特性)列挙法は、『名詞』『形容詞』『動詞』の3つの属性から発想を広げていきます。



欠点列挙法 ~欠点を挙げ、対処法を考える。
https://matome.naver.jp/odai/2148938531488160601
現状の欠点や問題点・課題などを挙げ、その対処法を考える。



セブンクロス法 ~7つの分類、7段階の重要度評価を行う
https://matome.naver.jp/odai/2148922357097889001
マトリックス状の一覧表にすることで、出てきた意見の全体像をひと目で把握できます。



質問会議 ~「質問」と「答え」だけ。自発的な意見はNGの会議。(アクションラーニングがベース)
https://matome.naver.jp/odai/2148907158916039201
「質問会議」は「アクションラーニング」をベースとしている。問題に関する質問とその応答のみでやりとりを進め、問題の解決策を探っていく会議術。



ポジティブ・アプローチ ~強みを発展させる
https://matome.naver.jp/odai/2148894589937178101
個人やチーム・組織、地域の潜在的な価値や強みにフォーカスすることによって、未来の可能性を最大限に描き、それを実現していきます。



フレーミング効果/リフレーミング ~視点で見え方が変わる。(心理学)
https://matome.naver.jp/odai/2148878229445033101
同じ中身のものだとしても表現の方法次第では印象が変わる



アイスブレイク ~氷のように固まった雰囲気を和ませる
https://matome.naver.jp/odai/2148860811152584601
氷のように固まった雰囲気を和ませ、集まった人々のコミュニケーション促進する。



カタルタ ~カードを使った発想法
https://matome.naver.jp/odai/2148801844728892101
個人でもグループでも使えます。ゲーム性のある手法で、遊びながら発想を鍛える。



6つの帽子(シックスハット法) ~色々な視点で議論する
https://matome.naver.jp/odai/2148785098926541601
「客観的」「感情的」「否定的」「肯定的」「創造的」「思考的」という6つの異なる視点からアイディアの検討を行います。


オープンスペーステクノロジー ~参加者が議論したい課題を提示
https://matome.naver.jp/odai/2148776052269292001
企業や部門のビジョンを考えたり、職場の構造的な課題を解決したりといった長期的なテーマの話し合いに有効とされています。



ワールドカフェ ~話しやすい会議の場を作る。
https://matome.naver.jp/odai/2148767882220568801
カフェでくつろぎながら会話するように、リラックスした状態でテーマについて話し合う。



アンチプロブレム ~逆の発想から考える
https://matome.naver.jp/odai/2148746217887173601
正反対の課題を設定して話し合いをし、そこから課題の解決策を導き出す。



ブレインライティング ~ブレストが苦手な人でもOK
https://matome.naver.jp/odai/2148741865869051801
ブレーンストーミングの欠点を補ったブレインライティング。



グループインタビュー ~司会者が座談会形式でインタビューを行う調査手法
https://matome.naver.jp/odai/2148716647028434101
対象者同士の意見交換からより広く多くの情報が得られたり、連鎖反応によりより深い関連情報が得られる



ロールプレイング ~客様役を設定し役割を演じるてみる
https://matome.naver.jp/odai/2148703817241561101
役割演技とも言われ、現実に起こる場面を想定して、それぞれ役を演じ疑似体験をする。


共感マップ ~顧客やユーザの意図を探る、プロファイル
https://matome.naver.jp/odai/2148695727378735801
共感マップ・エンパシーマップ(Empathy Map)・共感図法などとも呼ばれている。顧客は、何を言い、何を感じ、何を考え、何をするか。


カラーバス効果 ~意識している情報が目に付く
https://matome.naver.jp/odai/2148677688567987501
色に関する心理的な効果として広まったのですが、応用できる範囲は、ビジネス他いろいろあります。



レヴィンの変革モデル ~変革の3プロセス
https://matome.naver.jp/odai/2148497264341968901
組織の変革には「解凍」「変革(移動)」「再凍結」という3つのプロセスが必要



フォースフィールド分析 ~組織の見えない力を浮き彫りにする。
https://matome.naver.jp/odai/2148471959001782701
力の強さを「推進力」「抵抗力」で分析フォースフィールド分析(フォースフィールドアナリシス)



タックマンモデル ~チーム力向上
https://matome.naver.jp/odai/2148463293453550701
チームが形成されていく過程を4段階で表し、最後に解散する時期のチーム状態を加えた5段階として論理を展開



PM理論 ~リーダーシップ理論
https://matome.naver.jp/odai/2148421422632544401
組織を動かすには目標達成力と集団維持力が大切



ABC理論 ~出来事に対しての受け取り方で結果が変わる
https://matome.naver.jp/odai/2148379149921590901
思考が良いものであれば感情も良いものになり、悪い思考であれば、感情も悪いものとなります。



キャリア・アンカー ~キャリアを選択する上での価値観・欲求・動機・能力
https://matome.naver.jp/odai/2148241026718747001
自分のキャリア・アンカーを知っていないと、外部から与えられる外部誘因(報酬や肩書など)の誘惑に負けて、後になって不満を感じる



経験学習モデル ~組織行動学者のコルブが経験からの学びを体系化
https://matome.naver.jp/odai/2148231996768070901
「経験→省察→概念化→実践」という4 つのプロセスを踏み、このサイクルを回すことによって、人は学習



GROWモデル ~目標を達成するために何を考えるか
https://matome.naver.jp/odai/2148230155053873101
ビジネスコーチングやライフコーチング、他分野に採用。



ハーマンモデル ~脳の機能を4象限で捉えて適性を考える
https://matome.naver.jp/odai/2148228776642302701
IBM、インテル、P&G、コカコーラ、キャンノン、マイクロソフトなどの有名企業でも導入



ジョハリの窓 ~対人関係における気づきのグラフモデル
https://matome.naver.jp/odai/2148223196114786401
自分の知らない自分がある。自分を知ること以外にも、チームで仕事をするときの共有認識に活用できる。



Will/Skillマトリックス ~やる気とスキルで分類
https://matome.naver.jp/odai/2148221520301988901
人事や部下の指導などで使えるが、自分の分析にも使えそうです



MVV(ミッション/ビジョン/バリュー) ~会社理念を考える。チームビルディングにも。
https://matome.naver.jp/odai/2148221038598450601
「MVV」とは、「ミッション」、「ビジョン」、「バリュー」の頭文字



PRAM(ピーラム) ~交渉・合意形成に!!
https://matome.naver.jp/odai/2148219935490033401
PRAMは、「交渉計画」「関係形成」「合意の形成」「関係維持」から成る。



OARR(オール) ~だらだら会議を解消
https://matome.naver.jp/odai/2148160849141795701
ゴール、時間進行、ファシリテータの役割、参加者の役割、場への参加ルールを考える



FABE ~顧客向けプレゼンやセールストークを考えるフレームワーク
https://matome.naver.jp/odai/2148206645219368401
顧客へのプレゼンやセールストークに使えるフレームワークで、「特徴->利点->利益->証拠」から成る。



PREP法 ~ビジネスシーンで役立つ説明方法
https://matome.naver.jp/odai/2148177452746791301
PREP法は主にビジネスシーンで用いられる文章構成方法



KPT ~「ふりかえり」で次の行動を決める
https://matome.naver.jp/odai/2148170137604860301
Keep・Problem・Tryの頭文字からKPT法と呼ばれています。



重要度/緊急度マトリックス ~何を優先すべきか、時間管理マトリクス。ToDoリストでは分らない
https://matome.naver.jp/odai/2148169007593598001
時間管理に必要な考え方、重要度/緊急度マトリックス。「7つの習慣」から

SMART(目標設定法) ~スマートの法則。達成可能な目標を立て
https://matome.naver.jp/odai/2148161479150345701
Specific Measurable Agreed upon Realistic Timelyの頭文字からなる、目標設定法。



CMMI(能力成熟度モデル統合) ~ソフトウェア開発プロセスに対する能力度と成熟度を評価する
https://matome.naver.jp/odai/2148159606932262801
システム開発を行う組織がプロセス改善を行うためのガイドライン



ハインリッヒの法則 ~事故を減らすために知っておこう
https://matome.naver.jp/odai/2148152408389690401
「1:29:300」1つの重大事故の背景には、29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するという



ECRS ~業務改善
https://matome.naver.jp/odai/2147989672506039201
(1)排除(Eliminate)(2)統合(Combine)(3)順序の変更(Rearrange)(4)単純化(Simplify)



3現主義/5ゲン主義 ~現場・現物・現実の三つの「現」
https://matome.naver.jp/odai/2147988774699278501
3現主義は、『現場』『現物』『現実』それに加えて5ゲン主義は『原理』『原則』が加わる



5S ~職場の環境を良くする
https://matome.naver.jp/odai/2147982052562064201
日本発5S「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾」



「3ム」 ~ムリ/ムダ/ムラ。カイゼン
https://matome.naver.jp/odai/2147936819057936301
ムリ/ムダ/ムラ の「3ム」・・(注意)ヒトモノカネの3Mとは別物



QCD ~品質・コスト・納期の3つの要素は欠かせないもの
https://matome.naver.jp/odai/2147928477304580301
QCDとは、「Quality(品質)」「Cost(費用)」「Delivery(引渡)」の頭文字を取った言葉



ビジネスヒエラルキー ~会社の活動の在り方
https://matome.naver.jp/odai/2147928176701380201
階層構造を管理する1.ミッション(理念)/2.ビジョン(目標)/3.戦略/4.計画/5.管理/6.業務



ペイオフマトリクス ~優先すべきものは何か。要素を評価し、取捨選択。
https://matome.naver.jp/odai/2147927435194283001
ビジネスで使われるフレームワークで、要望や問題点を整理する際に使われている



プロコン表 ~賛成と反対の2つの側面から考える
https://matome.naver.jp/odai/2147926059283462401
「プロコン表」または「プロコンリスト」というもので、賛成・反対の理由を共有できる



期待/課題マトリクス ~意思決定で、何をするべきかをハッキリする
https://matome.naver.jp/odai/2147917546431187901
「期待」することを実現する場合の「課題」を具体的に探り、解決策を実行する手だてを考えるためのツール



タイムマシン法/バックキャスティング ~未来から現在へと考える
https://matome.naver.jp/odai/2147912530205107901
N年後どうなっていたいか、どういう状態が望ましいか、そこからどの地点で何をすればよいか考える



ギャップ分析 + 問題発見の4P ~現状とあるべき姿のギャップを分析
https://matome.naver.jp/odai/2147911042089931501
ギャップ分析は、理想と現実の差異を課題と捉え、理想を達成する為には何が必要かを分析する課題抽出法である



RFM分析 ~顧客分析手法
https://matome.naver.jp/odai/2147910402282045401
顧客の購買行動を「最終購買日」「購買頻度」「累計購買金額」の3つの指標から分類



STP分析(マーケティング) ~フィリップ・コトラーの提唱したマーケティング手法
https://matome.naver.jp/odai/2147908971770219501
市場を細分化し、標的市場を決定し、決められた市場の中で自社ブランドのポジションを明確化する



VRIO分析 ~経営資源を4つのポイントから分析
https://matome.naver.jp/odai/2147693009999570901
企業の持つ経営資源の強み・弱みを分析する際に発すべき4つの問い(視点)により企業の「競争優位性」「経済的パフォーマンス」を測定する手法。



7S ~七つの経営資源で成果を上げる
https://matome.naver.jp/odai/2147684286538139401
組織を考える上で必要な7つの要素(経営資源)



経営資源 ~ヒト・モノ・カネの「3M」の基本から発展
https://matome.naver.jp/odai/2147677147096727801
「ヒト」「モノ」「カネ」といった有形財産と「情報」といった無形財産


ソリューション・フォーカスト・アプローチ(SFA) ~解決に焦点をあてる。
https://matome.naver.jp/odai/2147444020966529801
ソリューション・フォーカスト・アプローチ(SFA)は、「解決に焦点をあてる」というところで、その考え方はセラピーのみならず、ビジネスにも応用できます。


フリーミアム ~「フリー」と「プレミアム」をバランス良く配置することで利益をあげる。
https://matome.naver.jp/odai/2146884282290966901
「フリーミアム」とは、「フリー」と「プレミアム」を合わせた造語。フリーミアムの戦略・戦術のポイント。



ピーター・F・ドラッカーの経営学 ~経営の考え方を学ぶ
https://matome.naver.jp/odai/2146846127185013601
ピーター・ファーディナンド・ドラッカーってどんな人。からドラッカーの「マネジメント」「マーケティング」と「イノベーション」「知識労働者」までをまとめてみました。



仕事で役立つ情報源 ~中小企業の経営者・社会人向け
https://matome.naver.jp/odai/2146837267014864601
日本の会社は、多かれ少なかれ影響を受けることになる情報源



ゲーミフィケーション ~仕事・学習のモチベーションアップに
https://matome.naver.jp/odai/2146830750469615601
ゲーミフィケーションという言葉は「日常生活の様々な要素をゲームの形にする」という意味の単語「ゲーム化(Gamefy)」から派生。色々な分野で応用可能。楽しみながら仕事や学習に取り組む。



バズマーケティング ~口コミを利用したマーケティング手法
https://matome.naver.jp/odai/2146829558357393101
「バズ」は「蜂がぶんぶんと飛ぶ音」という意味で、人の口から口へと伝えていくマーケティング手法です。



インバウンドマーケティング ~顧客自身に見つけてもらうようにする
https://matome.naver.jp/odai/2146822219507257601
「インバウンドマーケティング」は押し売りをせず、顧客自身に「見つけてもらう」事を目指すマーケティング手法



サステナビリティ経営 ~環境に優しい経営を目指そう
https://matome.naver.jp/odai/2146819684778970901
サステナビリティ経営とは、地球の持続可能性を損なわない形で企業活動を実践する



ダイバーシティ経営 ~成長戦略の一環にもなっている
https://matome.naver.jp/odai/2146814695154193601
ダイバーシティ経営又は、ダイバーシティ・マネジメント一人ひとりの違いを尊重し、活かすことで生じる相乗効果を組織の成果に繋げていける経営。アベノミクス成長戦略の一環にもなっている。


アメーバ経営 ~経営哲学を実現
https://matome.naver.jp/odai/2146796601727015901
社員1人ひとりが主役となり、自主的に経営に参加する「全員参加経営」を実現できる。



地域ブランド戦略 ~地域の活性化
https://matome.naver.jp/odai/2146680167093295601
地域ブランド化とは、(1)地域発の商品・サービスのブランド化と、(2)地域イメージのブランド化を結びつけ、好循環を生み出し、地域外の資金・人材を呼び込むという持続的な地域経済の活性化を図ること



CRM戦略 ~顧客と良好な関係を築くために
https://matome.naver.jp/odai/2146665634285724501
顧客それぞれに最適な製品・サービスを提供して顧客満足度を高め、顧客と良好な関係を構築して顧客の購買行動を維持する。



同質化戦略 ~トップ企業が仕掛ける経営戦略
https://matome.naver.jp/odai/2146655605298643801
同質化戦略とは市場競争のリーダーが用いる戦略(ミート戦略)。この戦略を用いている企業としては、コカコーラやパナソニックなどがある。



プライス・リーダーシップ戦略 ~商品の価格を決める
https://matome.naver.jp/odai/2146648873441092201
コンビニエンスストアにずらりと並ぶペットボトル飲料の値段は、ほぼ同じ。なんでこんな事がおこるのだろう。



U理論 ~集団や組織が新たな未来を創造するためのリーダーシップ
https://matome.naver.jp/odai/2146594849214260001
U理論を大きな3つのプロセスに分けると1.センシング、2.プレゼンシング、3.クリエイティングになります。



シナリオプランニング ~経営環境の変化に備える
https://matome.naver.jp/odai/2146582494916487701
問題の複雑性や将来の不確実性が高まるなか、皆が望む将来ビジョンをいかに見出し、長期的な視点から戦略や計画を立てていく



ストーリーテリング ~企業でも注目の伝える技術
https://matome.naver.jp/odai/2146579163082962101
ストーリーテリングは、組織の理念やミッション、ビジョンといったものを、メンバーに浸透させたり、プレゼンテーションで活用される事があります。またストーリーテリングは、企業だけのものではなく、子供たちに向けて語ったり、一般の人達に向けて語られる物語なともあります。



ドミナント戦略 ~地域で一番になる戦略
https://matome.naver.jp/odai/2146561481435458501
ドミナント戦略は、特定地域内に集中した店舗展開を行う戦略で、



ロングテール理論 ~ニッチな商品を集めて売る
https://matome.naver.jp/odai/2146553918369987201
Amazonが恒例、売れない商品であっても多くのけ種類をそろえて売上げアップ。



パレートの法則 ~ 80 : 20 の法則
https://matome.naver.jp/odai/2146423440697827101
重要度が高い上位20%の仕事が、成果の80%を生み出しているという。



バランススコアカード (BSC) ~ 経営戦略を実現するためのKPI作りに
https://matome.naver.jp/odai/2146414074142889901
バランススコアカード (BSC) : 財務の視点、顧客の視点、業務プロセスの視点、学習と成長の視点の4つの視点


PPM分析 ~市場成長率とマーケットシェアによる4つのポジション
https://matome.naver.jp/odai/2146406979890883501
プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(略称PPM)分析は、「花形」「金のなる木」「問題児」「負け犬」の4つのポジションに分類し、それぞれに見合った事業展開を検討する



ビジネスモデルキャンバス ~9つの要素でビジネスモデルを考える
https://matome.naver.jp/odai/2146405341774131401
ビジネスモデルキャンバスは、ビジネスモデルの発案や他企業の解析などに役立つ。また、ビクト図解は、ビジネスモデルキャンバスの「コスト構造」と「収益の流れ」の部分を考えるのに役立つ



ポジショニングマップ ~自社の立ち位置を知る
https://matome.naver.jp/odai/2146381831211959001
商品・サービスのポジショニングを2軸のマトリックスで可視化



ブルーオーシャン戦略 ~競争の無い市場を切り開く
https://matome.naver.jp/odai/2146372892325013901
競争の激しい既存市場を「レッド・オーシャン」とし、競争のない未開拓市場である「ブルー・オーシャン」を切り開くべきだと説く。



プラットフォーム戦略 ~2つのニーズを繋げる?
https://matome.naver.jp/odai/2146371123104484101
複数のグループのニーズを仲介することでグループ間の相互作用を喚起し、その市場経済圏を作る産業基盤型のビジネスモデル



マーケティングミックス (4Pと4C) ~マーケティングの基本
https://matome.naver.jp/odai/2146363556346697701
マーケティングミックスとは、ある製品を販売するために使用されるマーケティング要素の組み合わせを意味します。



コトラーの競争地位戦略 ~自社が4つのポジションの中でどこにあたるか。
https://matome.naver.jp/odai/2146362316035107401
自社が4つのポジションの中でどこにあたるかを見極め、どのような戦略を立てたら良いかを知る。



ポーターの3つの基本戦略 ~3つの内の1つの戦略を一貫して行う事が必要
https://matome.naver.jp/odai/2146356424201602901
競争戦略、ポジショニング


5F分析 (ファイブ・フォース) ~参入する業界を分析する
https://matome.naver.jp/odai/2146353204869955201
業界の収益性を決める5つの競争要因から、業界の構造分析をおこなう手法。新規参入や既存事業の継続するかの判断に役立つ。



3C分析 ~「市場」「競合」「自社」3つの視点で経営戦略を考える
https://matome.naver.jp/odai/2146348967147292601
「市場」「競合」「自社」で経営戦略を考える。自社が事業を行うビジネス環境での成功要因(KSF)を導きだすことである。



アンゾフの成長マトリックス ~製品と市場をマトリックスで表わし、戦略を立てる。
https://matome.naver.jp/odai/2146345037105058601



イノベーター理論 ~新製品や新サービスの市場浸透
https://matome.naver.jp/odai/2146338205462451401
イノベーションを受け入れる市場を早い順にイノベータ・アーリー・アドプター・アーリー・マジョリティ・レイター・マジョリティ・ラガードの5つに分類



製品ライフサイクル(PLC) ~製品の一生を4つの時期で考える
https://matome.naver.jp/odai/2146336503043375301
製品ライフサイクル(PLC)には、「導入期」「成長期」「成熟期」「衰退期」の4つの段階に分けている。PLCは、「Product life cycle」の略で、プロダクトライフサイクル。



消費行動モデル ~「AIDMA」「AISAS」から「DECAX」まで
https://matome.naver.jp/odai/2146327376074734901
「AIDMA」と「AISAS」だけではない、時代と共に新しいモデルが誕生。消費行動モデルは、マーケティングで押さえておくべき知識。



ハーバード流交渉術 ~「交渉」は「駆け引き」ではない
https://matome.naver.jp/odai/2146311679555471301
ハーバード流交渉術の4つの原則と4つのポイントとは、



エッセンシャル思考 ~一本の矢?
https://matome.naver.jp/odai/2146301718184244701
『エッセンシャル思考』 最少の時間で成果を最大にするグレッグ・マキューン (著)「99%の無駄を捨てて1%に集中する方法」



営業コストの1対5の法則 ~既存客を大切に
https://matome.naver.jp/odai/2146294993342938201
既存顧客と新規顧客に掛かる営業コストは1対5で、既存顧客にはあまりコストが掛からないで済む。



TOC (制約理論) ~ボトルネック対処
https://matome.naver.jp/odai/2146277395710754201
TOC (制約理論) は、ビジネス分野の小説「ザ・ゴール」などで使われている手法。



PDCA ~改善フレームワーク
https://matome.naver.jp/odai/2146262966405786201
Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返す



フューチャーマッピング ~ゴールまでのストーリーを描く
https://matome.naver.jp/odai/2146130311140906301
ストーリーの力を借りた課題達成法


↑このページのトップヘ