カテゴリ: 哲学・心理学

ハイデガー ~20世紀のドイツ哲学者。光と闇
https://matome.naver.jp/odai/2147642533949593401
「現存在」「世界内存在」など



ドゥルーズ ~【哲学】天才なのか哲学ジャンキーなのか?・・難解!!
https://matome.naver.jp/odai/2147633632285009001
「自由間接話法」、「差異と反復」、「ノマド」など



欲求階層説 ~マズローの欲求段階説
https://matome.naver.jp/odai/2148222116607372401
「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生き物である」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化

デカルト ~「我思う、ゆえに我あり」不確実性と自身の存在
https://matome.naver.jp/odai/2147626512938625601
デカルトは哲学者であるが、数学者でもあり、それゆえの考え方が合理主義哲学となって出ているようです。



兵法書『孫子』 ~「勝つ」ではなく「生き残り(不敗)」の書
https://matome.naver.jp/odai/2147616187660276201
孫子は「不敗」の戦略で貫かれている。



サルトル ~「人間は自由の刑に処せられている」実在主義
https://matome.naver.jp/odai/2147614460547926301
フランスの哲学者、小説家、劇作家。



ニーチェ ~「神は死んだ」の衝撃の言葉で有名
https://matome.naver.jp/odai/2147606576898637801
ニーチェは、斬新な哲学者であり、そして難解な哲学を世に出している。「神は死んだ」「超人」「永遠回帰」



ソクラテス ~無知の知・『ソクラテスの弁明』
https://matome.naver.jp/odai/2147575892591002501
無知の知・『ソクラテスの弁明』



ワークライフバランス ~仕事と生活の調和
https://matome.naver.jp/odai/2147471592871332501
ワークライフバランスは、仕事と生活の調和。個人にとっても企業にとってもメリットになりうるか。



自律訓練法 ~神経のバランスを整える
https://matome.naver.jp/odai/2147461779993111401
自律訓練法はもっともよく知られるリラクセーション法の1つ。ストレス緩和、心身症、神経症などに効果がある。



ルーティン ~能力を発揮する習慣
https://matome.naver.jp/odai/2147453718934227801
ルーティン(routine)、又はルーティーン。イチローや五郎丸など一流スポーツ選手にもそれぞれルーティーンをいかしています。ルーティーンの効果とはどんなものなのでしょう。



即決は、成功要因の一つ。
https://matome.naver.jp/odai/2147390801172131301
「即断」「即決」「即行動」成功要因



「前例がない」からの成功 ~前例が無いはハイリスクなのか?
https://matome.naver.jp/odai/2147382997512920001
「前例がないからやる」「前例がないからやらない」・・・あなたはどちらを選びますか?・・・・いざ実行となったら躊躇してしまう「前例が無い」をどうとらえるか?



不安の正体 ~『不安』はあるもの。不安を解消するって?。。ストレスの原因
https://matome.naver.jp/odai/2147372074927520601
不安とは、「自分でコントロールができない」何かに対して引き起こされる感情です。そのため、一度その恐れに囚われてしまうと、自分自身がコントロールできなくなり眠れない夜を過ごす事になるのです。



コア・ビリーフ ~人の行動を決定付けるもの?
https://matome.naver.jp/odai/2147364945069028201
コア・ビリーフとは、私たちの人生を形作ってゆく、思い通りに逝かない、または人との摩擦が大須など心当たりがあれば、一度自分のコア・ビリーフを見つけるところから初めてみてはどうでしょうか。



貢献すると幸せになれるの? ~アドラー・ドラッカー・名経営者の考え。
https://matome.naver.jp/odai/2147238480519007201
貢献するとは、どんなことだろう。心理学者アドラーの苦しまない貢献、経営者に見る信念の貢献など。



セルフ・エフィカシー(自己効力感) を高めて目標にコミットする。
https://matome.naver.jp/odai/2147209218217983001
セルフ・エフィカシー(自己効力感) を高めて目標にコミットする。セルフ・エフィカシーを強く感じていると、その行動を行なう可能性が高くなり、その行動をするための努力を惜しまず、失敗や困難を伴っても諦めにくいと考えられます。



『目標意識を持つためには』の考慮点
https://matome.naver.jp/odai/2147201445260711201
目標にコミットする意識を持って欲しい



性格診断 ~まず、自分を知ろう
https://matome.naver.jp/odai/2147191286271808801
性格診断のサイトを整理してみました。仕事や人間関係に役立てましょう。



『ストレスに強くなる』ためのSOC(首尾一貫感覚)
https://matome.naver.jp/odai/2147184077421519601
首尾一貫感覚(sense of coherence :SOC)



依存症 ~いつの間にかの罠から身を守る
https://matome.naver.jp/odai/2147148392857748501
いつの間にかの依存してしまう。気が付いたときには止められない。誰でもが陥りやすく、抜け出しにくい罠



ユング心理学 ~心の神秘的な側面を重視する
https://matome.naver.jp/odai/2146925364802629201
心の神秘的な側面を重視するユング心理学(分析心理学)。



フロイト ~「無意識」を初めて扱った精神分析
https://matome.naver.jp/odai/2146907121868005401
われわれの心は意識と前意識と無意識の海に氷山のように浮かんでいるようなもの



アドラー心理学 ~
https://matome.naver.jp/odai/2146899410510766801

↑このページのトップヘ